--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブレットPC特許紛争!Apple(アップル)、Google(グーグル)のAndroidタブレットPCを牽制?

2011年08月15日 14:15

Apple(アップル)、Google(グーグル)のAndroidタブレットPC牽制?
Google(グーグル)AndroidタブレットPCは、弱点が多い?

タブレットPC特許紛争!Apple(アップル)、Google(グーグル)のAndroidタブレットPCを牽制?1 
タブレットPC特許紛争!Apple(アップル)、Google(グーグル)のAndroidタブレットPCを牽制?

Apple(アップル)がスマートフォンとタブレットPC市場で、Google(グーグル)のAndroid(アンドロイド)オペレーティングシステム(OS)を使用しているタブレットPCの製品メーカーとの特許紛争を開始するなど、牽制を増やしている。


MSNBCとAFP通信など外信報道によると、Apple(アップル)が三星(サムスン)電子とモトローラ(Motorola)、HTCなど、Google(グーグル)のAndroid OS(アンドロイド OS)を使用しているスマートフォンの製造会社を相手に、デザインや形状、さらには感じまで模倣したとして、特許侵害訴訟を提起している。

裁判所の判決も、Apple(アップル)に有利に出てきている。

Apple(アップル)は、ドイツとオーストラリアの裁判所から三星(サムスン)電子のタブレットPC Galaxy Tab 10.1(ギャラクシータブ10.1)の販売禁止を、ドイツでは、モトローラ(Motorola)タブレットPC製品ズーム(Xoom)を特許侵害の疑いで告訴した状態だ。

まだヨーロッパでは、Galaxy Tab 10.1(ギャラクシータブ10.1)と、3つの三星(サムスン)電子のスマートフォン製品が売られているオランダで、来月には販売継続するかどうか裁判所で決定される予定だ。

専門家たちは、iPad(アイパッド)に匹敵するタブレットPCの製品としてAndroid OS(アンドロイド OS)を使用している三星(サムスン)Galaxy Tab(ギャラクシータブ)を指定している。

Apple(アップル)の相次ぐ訴訟では、スマートフォン市場でAndroid Phone(アンドロイドフォン)にシェアの優位性を奪われたことをまたタブレット市場で繰り返さないために、まず独占するという意図で、最終的にはGoogle(グーグル)を対象にしたのではないかという分析が出ている。


Apple(アップル)、Google(グーグル)のAndroidタブレットPCを牽制する理由は?

タブレットPC特許紛争!Apple(アップル)、Google(グーグル)のAndroidタブレットPCを牽制?2 
Apple(アップル)、タブレットPCの競争メーカーではなく、Android(アンドロイド)を狙った?

現在、Apple(アップル)がiPad(アイパッド)でタブレットPC市場を掌握しているが、2016年には、AndroidタブレットPCに優位性を奪われることで、経営戦略サービスプロバイダのInforma Global Marketsは見込んでいる。

グリーチャー&カンパニー(Gleacher & Co. Inc.)のアナリスト、ブライアンマーシャルは、Apple(アップル)が特許紛争を起こしているのは、タブレットPCの競争メーカーではなく、Android(アンドロイド)を狙ったものだと説明した。

米クリスチャン・ポスト(CP)は、Android(アンドロイド)の製品が米国や欧州、アジアでも人気が上昇しており、スマートフォン市場シェアの増加率は、Apple(アップル)のiPhone(アイフォン)を上回っていると報じた。

Apple(アップル)はスマートフォン競争の中で、世界中で一日に55万個が開通されているのAndroid Phone(アンドロイドフォン)の脅威にさらされている。

スマートフォン市場シェアでAndroid携帯に押されたアプリケーションは、形成されてから1年前のタブレットPC市場まで奪われることはできないという立場だ。

昨年、2000万台が売れたタブレットPCは、2015年には2億3000万台規模の市場に拡大すると見込まれている。

情報技術(IT)諮問会議会社Gartner(ガートナー)のアナリスト、マイケルガーテンバーグは、"タブレットPC戦争はこれからもっと激しくなるだろう"と言いながら"多くのメーカーがApple(アップル)に挑戦するものであり、Apple(アップル)は市場を奪われないために手段を選ばないだろう"と話した。


Google(グーグル)AndroidタブレットPCは、弱点が多い?

タブレットPC特許紛争!Apple(アップル)、Google(グーグル)のAndroidタブレットPCを牽制?3 
Android Phone(アンドロイドフォン)とAndroidタブレットPC

技術の特許専門の法律事務所のロンローリー氏は、"Apple(アップル)が特許紛争で勝訴する場合、Android Phone(アンドロイドフォン)とAndroidタブレットPCはApple(アップル)の要求どおりにデザインを変更し、その場合は魅力を失い、消費者から敬遠される可能性もある"と述べた。

また、Google(グーグル)は、Apple(アップル)やマイクロソフト(Microsoft)に比べて一歩遅れて市場に参入し、知的財産権の保護が相対的にまだ堅固ではないという指摘を受けている。

現在、無料のAndroid(アンドロイド)が有料化される場合の価格も変数だ。

以前、Apple(アップル)の役員を歴任したベンチャー投資家のジャン・ルイ・ガセーは、スマートフォンのユーザーがAndroid(アンドロイド)をダウンロードするのに15ドルまでお支払いになる場合、競争で不利になると見通しを示した。
関連記事

ドコモタブレット

 

最新タブレットPC

 

タブレットPCとは

 

タブレットPC Android

 

タブレットPCゲーム

 

タブレットPC活用

 

タブレットPCセキュリティ

 

DellタブレットPC

 

タブレットPC中古

 

タブレットPCアプリ

 

タブレットPC人気

 

タブレットPCおすすめ

 

タブレットPCランキング

 

タブレットPC富士通

 

タブレットPC価格

 

タブレットPC比較

 

タブレットPC Windows

 

Windows8タブレットPC

 

タブレットPC 使い方

 

タブレットPC機能

 

Androidタブレット端末

 

タブレットPC(Tablet PC)iPad2(アイパッド2)GALAXY Tab 8.9/ 10.1(ギャラクシータブ)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tabletpcjapan.blog65.fc2.com/tb.php/73-fc674705
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。