--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブレットPC最新情報、タブレットPCの特許紛争!三星(サムスン)電子にApple(アップル)が勝利した?

2011年08月11日 11:12

タブレットPC最新情報、ヨーロッパでは三星(サムスン)電子のタブレットPC Galaxy Tab 10.1を販売禁止?
タブレットPC特許紛争!三星(サムスン)電子にApple(アップル)が勝利した?
MS(マイクロソフト)へのロイヤリティの支払い、Android(アンドロイド)OSタブレットPC危機論も徐々に浮上!

タブレットPC最新情報、タブレットPCの特許紛争!三星(サムスン)電子にApple(アップル)が勝利した?1
タブレットPC最新情報、タブレットPCの特許紛争!
三星(サムスン)電子にApple(アップル)が勝利した?

三星(サムスン)電子のタブレットPC Galaxy Tab 10.1(ギャラクシータブ10.1)が欧州での特許権侵害のために販売禁止仮処分申請を受け、欧州市場での危機を迎えている。

ここで、Android(アンドロイド)のオペレーティングシステム(OS)の場合、Apple(アップル)のiOSに比べて相対的に特許における脆弱な状況なので三星(サムスン)電子とApple(アップル)の間のタブレットPCの特許訴訟は、Apple(アップル)に向くのではないかという推測も慎重に出ている。

関連業界と海外メディアによると、ドイツの裁判所は、Apple(アップル)が出した欧州市場での三星(サムスン)電子のタブレットPC Galaxy Tab 10.1(ギャラクシータブ10.1)販売とマーケティング活動を中断させてくれという仮処分申請を受け入れた。

これにより、三星(サムスン)電子は、タブレットPC Galaxy Tab 10.1(ギャラクシータブ10.1)をオランダを除くヨーロッパ市場に供給することができなくなった。

三星(サムスン)電子が直ちに控訴をしても、すでに仮処分申請が受け入れられる状況だと控訴の判決が出る4週間の間には、販売活動を行うことができなくなった。

また、ドイツの裁判所が三星(サムスン)電子が控訴をしても、どのような判決を下すのか分からないし、かなりの時間が必要だということが関係者たちの意見だ。

タブレットPC最新情報、タブレットPCの特許紛争!三星(サムスン)電子にApple(アップル)が勝利した?3
タブレットPCの特許紛争!三星(サムスン)電子にApple(アップル)が勝利!

今回の判決は、オランダを除く欧州全域で適用されるもので、事実上、三星(サムスン)電子がApple(アップル)のタブレットPC iPad(アイパッド)の特許を侵害したという主張を認めた重要な意味を持っているというのが業界の大方の見方だ。

特許の専門家フロリアンミュラー(Florian Muller)は、"三星(サムスン)電子の特許の多くは、業界標準に関連すると非差別的な条件でロイヤルティを受け取ることができるものだが、Apple(アップル)のタブレットPC iPad(アイパッド)の生産そのものを妨げるほどではない"とし"欧州市場の規模を考慮すれば、今回の決定は大きな影響を与えることができるだろう"と展望した。

三星(サムスン)電子関係者は"法的にすぐに対応し、現地取引先、消費者に被害が及ばないように最善を尽くす"と述べた。

タブレットPC最新情報、タブレットPCの特許紛争!三星(サムスン)電子にApple(アップル)が勝利した?2
三星(サムスン)電子のタブレットPC Galaxy Tab 10.1を販売禁止?

それだけではなく、アンドロイド(Android)タブレットPCの源泉技術のロイヤルティは、三星(サムスン)電子に負担となっている。

最近の米国の市場分析機関SAは、"2012年の端末一台当たり10ドル以上の特許料がかかる場合があるということで、最近の紛争は、甘く見ることができない"とし"アンドロイド(Android)端末メーカーは、どうしようもなく、Windows Phone(ウィンドウズ フォン)など、代替のオペレーティングシステムに関心を置くべきだ"と説明した。

現在、Android(アンドロイド)のオペレーティングシステム(OS)は、米国のマイクロソフト(MS)社の特許を侵害して、携帯電話メーカーからロイヤリティを受け取るための交渉が進められている。

業界では、Android(アンドロイド)のオペレーティングシステム(OS)はすでに長い間にわたり、PC(パソコン)のオペレーティングシステムの市場を独占したマイクロソフト(MS)の特許を必然的に使ったとみている。
タブレットPC最新情報、タブレットPCの特許紛争!三星(サムスン)電子にApple(アップル)が勝利した?
三星(サムスン)電子はまた、1台当たり15ドルのタブレットPC販売のイヤルティをマイクロソフト(MS)に支払わなければならない。

マイクロソフト(MS)は最近、HTCのAndroid(アンドロイド)搭載スマートフォン1台あたり5ドルの水準のロイヤルティを支払って受けることに合意しており、三星(サムスン)電子には、1台当たり15ドルの水準を要求したと伝えられている。

1台当たり15ドルの水準が事実であり、この交渉が確定される場合、1000万台以上売れると推測されるGalaxy S2(ギャラクシーS2)の場合のみでも1億5000万ドル以上のロイヤルティをマイクロソフト(MS)に支払わなければならない。

いろいろと三星(サムスン)電子の負担が加重されている。

業界関係者は、"Apple(アップル)と三星(サムスン)電子は、グローバル市場での競争相手という点で、これらの間のタブレットPCの特許紛争は、特別な意味を持つ"と言いながら"どのような決定でも、いずれかの方は少なくない影響を受けることになるだろう"と話した。
関連記事

ドコモタブレット

 

最新タブレットPC

 

タブレットPCとは

 

タブレットPC Android

 

タブレットPCゲーム

 

タブレットPC活用

 

タブレットPCセキュリティ

 

DellタブレットPC

 

タブレットPC中古

 

タブレットPCアプリ

 

タブレットPC人気

 

タブレットPCおすすめ

 

タブレットPCランキング

 

タブレットPC富士通

 

タブレットPC価格

 

タブレットPC比較

 

タブレットPC Windows

 

Windows8タブレットPC

 

タブレットPC 使い方

 

タブレットPC機能

 

Androidタブレット端末

 

タブレットPC(Tablet PC)iPad2(アイパッド2)GALAXY Tab 8.9/ 10.1(ギャラクシータブ)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tabletpcjapan.blog65.fc2.com/tb.php/71-865f0906
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。