--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブレットPC比較、タブレットPC性能と評価:iPad2(アイパッド2)VSモトローラズーム(Motorola XOOM)

2011年04月07日 09:00

タブレットPC比較:タブレットPC性能とタブレットPC評価!
iPad2(アイパッド2)VS モトローラズーム(Motorola XOOM)


米国のコンシューマーレポート 


米国のコンシューマーレポートが進行したタブレットPCの性能評価では、Apple(アップル)のiPad(アイパッド)シリーズが1位から4位までを独占し、もう一度独歩的な性能を披露した。

Apple(アップル)の製品を除いては、単独でトップ5に名を連ねたモトローラズーム(Motorola XOOM)がiPad2(アイパッド2)の唯一の競争相手として選ばれた。

コンシューマーレポートは、米国で市販されている10種のタブレットPCの性能を評価した結果を発表した。

今回の調査対象は、過去1年間のタブレットPCの市場を支配してきたiPad(アイパッド)の新製品と一緒にアコス(Archos)と、デル(DELL)、モトローラ(Motorola)、サムスン電子、ViewSonic(ビューソニック)などの市場で人気を集めている10個の製品が選定された。
 

タブレットPC比較 タブレットPC性能 タブレットPC性能評価 
タブレットPC比較 タブレットPC性能と評価


各タブレットPC製品は、タッチスクリーンの反応も、活用性、携帯性、画面の明るさ、使用の難易度など17項目を基準に評価された。

最も高い点数を受けた製品は、総点84点を記録したiPad2(アイパッド2)3G 32GBのモデルである。ほぼすべての項目で競合製品を圧倒した。

iPad2(アイパッド2)Wi - Fi 32GBモデルが2位となり、さらに1年前に発売(リリース)されたiPad(アイパッド)3G 32GB、Wi - Fi 32GBの製品も3、4位を占めており、底力を発揮した。


タブレットPC iPad(アイパッド)1位 
タブレットPC iPad評価(アイパッド)1位


ここまでくれば、Apple(アップル)がコンシューマーレポートのタブレットPC性能評価を独占したといっても過言ではない。

モトローラズーム(Motorola XOOM)はiPad(アイパッド)Wi - Fi 32GBとの共同4位を記録し、Apple(アップル)製品を除いて、唯一のトップ5に名を連ねた。


タブレットPC モトローラズーム(Motorola XOOM) 
タブレットPC モトローラズーム(Motorola XOOM)

コンシューマーレポートは、モトローラズーム(Motorola XOOM)をiPad(アイパッド)の"最高のライバル(chief rival)"と評価した。

三星(サムスン)電子のギャラクシータブ(GALAXY Tab)は、6位に入り、ようやくコンシューマーリポートの購入おすすめの評価を受け取ることができた。

順番に7位から10位を記録したViewSonic(ビューソニック)ViewPad 7(ビューパッド7)、アコス101インターネットタブレットPC、デル(DELL)のストリーク(Streak)、アコス70インターネットタブレットPCは上位6種の製品と比較して大幅に低い点数を記録した。

ポールレイノルズ(Paul Reynolds)コンシューマーレポートの電子機器の編集者は"これまで、高い価格で製品を披露してきたApple(アップル)が今は品質と価格の両方で、タブレットPCの市場をリードしている"と言いながら

"今後、より多くの製品が市場に投入されると、より競争力のある価格帯の製品を披露することを期待する"と述べた。

iPad(アイパッド)シリーズのこのような宣伝が驚くべきことではない。

iPad(アイパッド)は、過去1年の間、タブレットPCの市場をド支配する程度で、既に消費者たちから圧倒的な支持を受けてきたからだ。

最近、ほとんどのタブレットPCが静電式のタッチスクリーンと無線LAN、Bluetooth接続機能、フロントカメラやGPSなど、ほとんど同様のハードウェア仕様を備えた中で、iPad(アイパッド)は、価格と性能、タッチの反応性と画面の色味など、ほぼすべての部分では競合製品を一歩ずつ前に進んでいる。

特に、iPad2(アイパッド2)と、残りの製品が最も大きな格差が見られた項目は、バッテリーの持続時間だった。

コンシューマーレポートは、10個の製品のようなビデオクリップを再生してどのくらいのバッテリーが長持ちするかを比較した。

iPad2(アイパッド2)は、なんと12.2時間を支えながら、1位に上がったが、iPad2(アイパッド2)製品の仕様に記載されて10時間というバッテリ持続時間をはるかに超える結果だ。

一方、最も少ない時間を堪えたアコス70インターネットタブレットPCは、わずか3.8時間の動画を再生するのにとどまった。

しかし、タブレットPCの競争はまだ始まりにすぎない。

今年の初め、CES 2011のMobile World Congress(MWC)2011で披露した数十種のタブレットPCが出撃を待っているからだ。


モトローラズーム画像Motorola XOOM画像 
モトローラズーム画像Motorola XOOM画像


今回のタブレットPC評価で、iPad2(アイパッド2)の唯一のライバルに選ばれたモトローラズーム(Motorola XOOM)をはじめ、新たに出現するライバルたちが差別化要因でiPad2(アイパッド2)の独走を牽制することができる可能性もある。
関連記事

ドコモタブレット

 

最新タブレットPC

 

タブレットPCとは

 

タブレットPC Android

 

タブレットPCゲーム

 

タブレットPC活用

 

タブレットPCセキュリティ

 

DellタブレットPC

 

タブレットPC中古

 

タブレットPCアプリ

 

タブレットPC人気

 

タブレットPCおすすめ

 

タブレットPCランキング

 

タブレットPC富士通

 

タブレットPC価格

 

タブレットPC比較

 

タブレットPC Windows

 

Windows8タブレットPC

 

タブレットPC 使い方

 

タブレットPC機能

 

Androidタブレット端末

 

タブレットPC(Tablet PC)iPad2(アイパッド2)GALAXY Tab 8.9/ 10.1(ギャラクシータブ)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tabletpcjapan.blog65.fc2.com/tb.php/7-9b07cc11
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。