--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブレットPC比較、iPad2(アイパッド2)VSアンドロイド(Android)タブレットPC比較!

2011年07月13日 09:00

タブレットPC比較、iPad2(アイパッド2)の市場占有率82%
アンドロイド(Android)タブレットPCは?

タブレットPC比較、iPad2(アイパッド2)VSアンドロイド(Android)タブレットPC比較!1 
タブレットPC比較、
iPad2(アイパッド2)VSアンドロイド(Android)タブレットPC比較!


今年、市場の拡大と成功を予想したタブレットPC市場は、"半分の成功"に留まっている。

Apple(アップル)以外のアンドロイド(Android)タブレットPC企業が低迷しているからだ。

市場調査会社ニールセン(Nielsen)によると、アメリカでのiPad(アイパッド)とiPad2(アイパッド2)のタブレットPCの市場シェアは82%だ。

一方、2位の三星(サムスン)電子の"Galaxy Tab (ギャラクシータブ)とギャラクシータブ10.1(Galaxy Tab10.1)"は約4%、モトローラ(Motorola)、HTC、リム(RIM)、HP、DELL(デル)などの他のタブレットメーカーはほとんどシェアがない。

実際にタブレットPCを使用する時間の指標となるトラフィック(インターネットの使用量)を見ると、アンドロイド(Android)タブレットPCは、より悲惨だ。

ほとんどの国でアンドロイド(Android)タブレットPCが占めるトラフィックは5%程度にとどまっている。

日本と英国のアンドロイド(Android)タブレットPCのトラフィックは実際に0%だ。


タブレットPC比較、iPad2(アイパッド2)VSアンドロイド(Android)タブレットPC比較!2 
iPad2(アイパッド2)VSアンドロイド(Android)タブレットPC比較

このようだから、電子業界では"タブレットPCの市場には、iPad(アイパッド)とiPad2(アイパッド2)があるだけ"という話まで出てくる。

しかし、三星(サムスン)電子、LG電子など韓国企業を含むアンドロイド(Android)タブレットPCメーカーは、"もう少しでアンドロイド(Android)の連合軍がApple(アップル)を追い抜くだろう"と話す。

このような背景には、"物量攻勢"への信頼があるからだ。

アンドロイド(Android)の"開放性"も利点として挙げられる。

アプリを公開する場合、徹底した事前審議を受けるApple(アップル)とは異なり、"管理監督なしに自由にアプリを上げることができるアンドロイド(Android)は、アプリ開発者にとってより魅力的だという話だ。



iPad2(アイパッド2) VSアンドロイド(Android)タブレットPC比較!
キラーアプリケーション(Killer application)がなく、流通網も半分!
 
タブレットPC比較、iPad2(アイパッド2)VSアンドロイド(Android)タブレットPC比較!3 
アンドロイド(Android)タブレットPC、ギャラクシータブ10.1(Galaxy Tab10.1)


アンドロイド(Android)の弱点は、"キラーアプリケーション(Killer application)"が足りない点だ。

タブレットPCのキラーアプリケーション(Killer application)は本やゲームなのに、アンドロイド(Android)には、このようなものはほとんどない。

これは、アンドロイド(Android)の"開放性"と関係がある。

アプリをアップした後、売れないと思えばすぐに下げることができるアンドロイド(Android)は、アプリ開発を習作で思う人が多く、専門的なアプリが不足している。

楽しいゲームも、お金と労力を注いで作ったの高度なコンテンツもないということだ。

アンドロイド(Android)タブレットPCの製造コストも問題だ。

Apple(アップル)が3月、iPad2(アイパッド2)を499ドルに発売した時、他のアンドロイド(Android)タブレットPCメーカーは、"どうしても合わせることができない価格"と衝撃に包まれたりした。

タブレットPC比較、iPad2(アイパッド2)VSアンドロイド(Android)タブレットPC比較!4
iPad2(アイパッド2)を499ドルに発売!


通信社に依存しているアンドロイド(Android)タブレットPCの販売網は構造的な限界がある。

消費者は携帯電話(スマートフォン)のほか、契約にもう一度、結ばれるのが嫌いだ。

Apple(アップル)は通信事業者がなくても、"アップルストア(Apple Store)"など、独自の流通網から製品を直接販売することができる。

アンドロイド(Android)タブレットPCは、必ず通信社を介して購入する必要があるのが最大の弱点だ。

アンドロイド(Android)タブレットPCを製作するメーカーはほとんどがスマートフォンを販売しているため、通信社の顔色を見なければならない点を指摘したのだ。

専門家たちは、アンドロイド(Android)タブレットPCがこのような弱点を克服できなければ、Apple(アップル)iPad(アイパッド)に敵対することはできないと警告している。
関連記事

ドコモタブレット

 

最新タブレットPC

 

タブレットPCとは

 

タブレットPC Android

 

タブレットPCゲーム

 

タブレットPC活用

 

タブレットPCセキュリティ

 

DellタブレットPC

 

タブレットPC中古

 

タブレットPCアプリ

 

タブレットPC人気

 

タブレットPCおすすめ

 

タブレットPCランキング

 

タブレットPC富士通

 

タブレットPC価格

 

タブレットPC比較

 

タブレットPC Windows

 

Windows8タブレットPC

 

タブレットPC 使い方

 

タブレットPC機能

 

Androidタブレット端末

 

タブレットPC(Tablet PC)iPad2(アイパッド2)GALAXY Tab 8.9/ 10.1(ギャラクシータブ)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tabletpcjapan.blog65.fc2.com/tb.php/57-2c47f3ed
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。