--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドロイドマーケット(Android Market)のアプリ登録が激減! アンドロイドマーケット(Android Market)の開発者が去る理由は?

2011年06月03日 09:00

アンドロイドマーケット(Android Market)の開発者が去る理由は?
Google(グーグル)のアンドロイドマーケット(Android Market)アプリの登録が激減!


Google(グーグル)アンドロイドマーケット(Android Market)の新たなアプリ(APP)の登録件数が近減少したことが分かった。

アンドロイドマーケット(Android Market)のアプリ登録が激減!1
アンドロイドマーケット画像(Android Market画像)


Android(アンドロイド)が急速に拡散しているのとは異なり、Android(アンドロイド)の生態環境には赤信号が入って来るのではないかという懸念も出ている。

アンドロリップドットコム(androlib.com)によると、今年4月にアンドロイドマーケット(Android Market)に登録された新規のアプリ(APP)は2万9740個で集計された。

これは3月に3万4349個の新しいアプリ(APP)が登録された数より、5000件近くの新規登録アプリ(APP)の数が減ったことを意味する。

アンドロイドマーケット(Android Market)の新規登録アプリ(APP)の件数が減ったのは、昨年8〜9月以来初めてだ。

アンドロイドマーケット(Android Market)に登録されたすべてのアプリ(APP)の件数は今年1月時点の20万本を超えたことで知られている。


アンドロイドマーケット(Android Market)のアプリ登録が激減!2
アンドロイドフォン(Android Phone)

一方、Android(アンドロイド)の拡散速度は非常に速い。

調査機関のCanalysによると、昨年第4四半期アンドロイドフォン(Android Phone)出荷台数は3290万台で、出荷台数3100万台で1位だったNokia(ノキア)のスマートフォン(Symbian)を上回った。

Gartner(ガートナー)は、先月発表した資料で、2012年末にアンドロイドフォン(Android Phone)の市場シェアが49%に達するとの見通しを示した。

Android(アンドロイド)が三星(サムスン)電子など、世界の携帯電話(スマートフォン)メーカーが素早く製造して販売し、市場シェアの部門では、急成長を記録しているが、本来の生態環境の最も核心的な部分であるアンドロイドマーケット(Android Market)は、むしろ後退しているのだ。

最近では、アンドロイドマーケット(Android Market)に悪意のあるコード(悪性コード(Malicious Code))の広がり、Google(グーグル)をさらに困惑している。

一例として、Secret SMS Replicator(シークレットSMSレプリケータ)が代表的だ。

このアプリ(APP)をスマートフォンにダウンロードしたら、特定の他人に自分の文字のメッセージをそのまま送信する。

アンドロイドマーケット(Android Market)のアプリ登録が激減!3
アンドロイドマーケット(Android Market)、金融のフィッシングアプリが発見!


昨年には、金融のフィッシングアプリが発見されたし、最近では、アンドロイドフォン(Android Phone)ユーザーの知らないうちに、特定のサーバーに文字メッセージを送信する悪意のあるコード(悪性コード(Malicious Code))が搭載されたアプリが発見され、Google(グーグル)が一歩遅れて市場から退出させたりした。

地下の市場(ブラックマーケット)の登場も、Google(グーグル)の生態系の秩序を乱している。

関係者たちは、事前に審議がない特性のため、アンドロイドマーケット(Android Market)に悪意のあるコードが広がりつつあると指摘する。

あるアプリ開発会社代表は、"Google(グーグル)が標榜している開放性がむしろ、アプリの開発を困難にさせている"とし、 "これ以上アンドロイドマーケット(Android Market)を放置したら、大多数の開発者がアンドロイドマーケット(Android Market)を去ることになるだろう"と警告した。

別の関係者は"アンドロイドマーケット(Android Market)へのゲームを登録すると、わずか数日ぶりに複製(コピー)ができて流通されている"とし、 "一次的な責任は流通業者にあるが、Google(グーグル)も一定部分の責任を負わなければならない"と述べた。
関連記事

ドコモタブレット

 

最新タブレットPC

 

タブレットPCとは

 

タブレットPC Android

 

タブレットPCゲーム

 

タブレットPC活用

 

タブレットPCセキュリティ

 

DellタブレットPC

 

タブレットPC中古

 

タブレットPCアプリ

 

タブレットPC人気

 

タブレットPCおすすめ

 

タブレットPCランキング

 

タブレットPC富士通

 

タブレットPC価格

 

タブレットPC比較

 

タブレットPC Windows

 

Windows8タブレットPC

 

タブレットPC 使い方

 

タブレットPC機能

 

Androidタブレット端末

 

タブレットPC(Tablet PC)iPad2(アイパッド2)GALAXY Tab 8.9/ 10.1(ギャラクシータブ)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tabletpcjapan.blog65.fc2.com/tb.php/37-a3c4f863
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。