--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブレットPC比較、タブレットPC7インチiPad2(アイパッド2)には力不足?(タブレットPC比較選択ポイント?)

2011年05月10日 01:07

タブレットPC比較、広々とした10インチのタブレットPC?小型軽量のタブレットPC 7インチ?

タブレットPCの比較選択する上で話題だったタブレットPCサイズの論争も一段と弱まったように見える。

タブレットPC比較、タブレットPC7インチiPad2(アイパッド2)には力不足?(タブレットPCの比較選択ポイント?)1  
タブレットPCの比較選択ポイント?

"iPad(アイパッド)は重い"と7インチギャラクシータブ(Galaxy Tab)で喧嘩(けんか)をかけたサムスン電子も、すぐに10.1インチ(ギャラクシータブ10.1(Galaxy Tab10.1))のタブレットを発売する予定であり、 Apple(アップル)もより薄くて軽いiPad2(アイパッド2)で携帯性論議を寝かせている。

7インチのタブレットPCの激しい挑戦にもiPad2(アイパッド2)の傾き現象を防ぐことは容易ではないようだ。

それにしても一般消費者にタブレットPCのサイズは、最も目立つのタブレットPC比較の選択ポイントだ。

iPad2(アイパッド2)大勢論に対抗した7インチのタブレットPCの差別化戦略を使ってタブレットPCタブレットPCの比較選択のポイントを探ってみた。



iPad(アイパッド)用ナビゲーション?いっそ7インチのタブレットPCがよい?



米国の市場調査会社のニールセン(Nielsen)が最近発表した現在、米国のタブレット市場シェアではiPad(アイパッド)が82%で圧倒的だった。

タブレットPC比較、タブレットPC7インチiPad2(アイパッド2)には力不足?(タブレットPCの比較選択ポイント?)2 
iPad2画像(アイパッド2画像)


2位のギャラクシータブ(Galaxy Tab)は4%にとどまり、モトローラズーム(Motorola XOOM)も2%にすぎなかった。

この程度なら、"7インチのタブレットは、出てすぐに死んでいる状態(DOA)になること"だとか、競争タブレットを「コピーキャット(模倣者)」で責め立てたスティーブ・ジョブズ( Steve Jobs)Apple(アップル)CEOの言葉が単なる「虚勢」ではなかったわけだ。

しかし、iPad2(アイパッド2)に向けたコピーキャット(模倣者)たちの反撃も甘くない。

ギャラクシータブ(Galaxy Tab)など、初期のGoogle(グーグル)Android(アンドロイド)オペレーティングシステム(OS)のタブレットPCは、解像度の限界で、7インチの選択は避けられなかったが、今年のタブレットに最適化されたAndroid(アンドロイド)ハニコム(バージョン3.0)の登場でサイズの壁は消えた。

RIM BlackBerry(ブラックベリー)のPlaybook(プレイブック)、HTC Flyer(フライヤー)などの最近のタブレットPCまで、あえて7インチを選んだのは、iPad(アイパッド)の差別化戦略と無関係ではない。

タブレットPC 7インチの最大の差別性は、移動の車(自動車)でも、業務に活用の面で10インチのタブレットPCよりも便利だという点だ。

これらは、3Gだけでなく、WiBro 4Gなどのネットワーク接続を多様化して機動性を強化する一方、ペン入力などの入出力機能を補強して業務の利用率を高めることに焦点を当てている。



タブレットPC比較、消費者がタブレットPCを選択する理由?


一般の消費者は、最低5万円台から10万円台にのぼる高い価格と、通信費の負担のせいでタブレットの選択を迷っている。


タブレットPC比較、タブレットPC7インチiPad2(アイパッド2)には力不足?(タブレットPCの比較選択ポイント?)3
タブレットPC比較、消費者がタブレットPCを選択する理由?


ニールセン(Nielsen)の米国(アメリカ)タブレットのユーザーを調査した結果('Connected Devices:How We Use Tablets in the U.S')によると タブレットユーザーがノートパソコン(ノートPC)やPC(デスクトップパソコン)の代わりにタブレットPCを比較選択する理由は、移動利便性(31%)と簡単なオペレーティングシステム(21%)、迅速な電源のオン - オフ(15%)などが最も多かった。

むしろサイズ(12%)や重量(7%)、カレンダー、アプリなどの機能(10%)などは、後順位に押し出された。

少なくとも、さまざまな機能や重量、サイズなどの外形的な要素よりも、タブレットPC自体の利便性を選択する消費者に7インチのタブレットが掲げている差別化のポイントは、7インチと10インチの違いと同じくらい無意味だ。

また日本語化されたタブレットのコンテンツ(アプリなど)が絶対不足している状況で、消費者が不器用な冒険をするよりは一般的によく売れていく製品を選択する、いわゆる便乗効果が大きくなるしかない。
関連記事

ドコモタブレット

 

最新タブレットPC

 

タブレットPCとは

 

タブレットPC Android

 

タブレットPCゲーム

 

タブレットPC活用

 

タブレットPCセキュリティ

 

DellタブレットPC

 

タブレットPC中古

 

タブレットPCアプリ

 

タブレットPC人気

 

タブレットPCおすすめ

 

タブレットPCランキング

 

タブレットPC富士通

 

タブレットPC価格

 

タブレットPC比較

 

タブレットPC Windows

 

Windows8タブレットPC

 

タブレットPC 使い方

 

タブレットPC機能

 

Androidタブレット端末

 

タブレットPC(Tablet PC)iPad2(アイパッド2)GALAXY Tab 8.9/ 10.1(ギャラクシータブ)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tabletpcjapan.blog65.fc2.com/tb.php/25-3ed00103
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。