--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AndroidタブレットPC、AndroidタブレットPC市場、iPad2(アイパッド2)に負けた?

2011年04月20日 09:00

AndroidタブレットPC市場、iPad2(アイパッド2)に負けた?


AndroidタブレットPCへの否定的意見が相次いであふれている。


AndroidタブレットPC市場、iPad2(アイパッド2)に負けた?1 
AndroidタブレットPC画像

手頃な価格と多様性を前面に出したアップル(Apple)iPad2(アイパッド2)のため、大半のAndroidタブレットPCが打撃を受けるという見通しだ。
AndroidタブレットPCがiPad(アイパッド)の売上を越すことは、2015年ごろに可能だという見通しだ。


業界によると、2011年の全世界のタブレットPCの市場は約5000万台(IDC見込み)から6000万台(Gartnerの意見)に達する見通しだ。
昨年、タブレットPCの市場は1800万台規模であった。

タブレットPC市場は昨年、アップル(Apple)がiPad(アイパッド)を発売してから、本格的に成長を開始した。
アップル(Apple)は、昨年の1500万台のiPad(アイパッド)を売りながら、80%以上のシェアを記録した。
IDCは、2011年にアップル(Apple)のタブレットPCの市場占有率が70〜80%を占めると見通しを示した。


AndroidタブレットPC市場、iPad2(アイパッド2)に負けた?2 
AndroidタブレットPCとiPad2(アイパッド2)の戦争?

今年、AndroidタブレットPCを発売すると発表した企業は、サムスン電子、LG電子ほか、ヒューレットパッカード(HP)、Acer(エイサー)、ASUS(アスース)、BlackBerry(ブラックベリー)、DELL(デル)、
Enspert、FUJITSU(富士通)、レノボ(Lenovo)、MSI、Panasonic(パナソニック)、Toshiba(東芝)など20余社のリリース(発売)種類は100種以上を超える。

ほとんどは、Google(グーグル)のAndroidオペレーティングシステム(OS)を使用する。

問題は、これらのAndroidタブレットPCメーカーが占める市場規模が全体の20〜30%に過ぎないという点だ。
アップル(Apple)一社が約4000万台を販売している間に他の20以上の社がすべてを合わせて1000万台を販売することになるわけだ。

フォレストリサーチは、最近の報告書では、AndroidタブレットPCの弱点とiPad(アイパッド)に比べて高い価格で、通信事業者中心の流通経路、差別化部材などを挙げた。
ヤフーニュースは、高い価格で、使用可能なアプリケーションの不在は、統一性の不足などがAndroidタブレットPCの弱点として提示した。

 
AndroidタブレットPC市場、iPad2(アイパッド2)に負けた?3 
iPad2画像(アイパッド2画像)

結局、アップル(Apple)が作った新しい市場への一歩遅れて参入した業者たちとしてはほぼ同じ機能で差別的優位性を持つことは難しくなるという説明だ。

また、熾烈な価格競争市場が形成され、アップル(Apple)がタブレットPCの市場を育てることだけを見物することになる可能性もあるという指摘だ。

業界関係者は"携帯電話と違ってタブレットPCはアップル(Apple)がトップ企業"とし、"アップル(Apple)が作っておいた市場のルールに基づいて今のところ、アップル(Apple)がタブレットPCの市場を支配するものとみられる"と述べた。

通信事業者に依存的なAndroidタブレットPCの流通網を多角化しなければならないという指摘も出ている。
 

AndroidタブレットPC市場、iPad2(アイパッド2)に負けた?4
Android 3.0タブレットPC MOTOROLA XOOM画像(モトローラ・ズーム画像)


専用アプリケーションの数も、AndroidタブレットPCは、iPad(アイパッド)に比べて不足している。

現在のiPad(アイパッド)専用のアプリケーション数は6万50000余個である。
昨年4月、iPad(アイパッド)の発売時に5000個に過ぎなかったことに比べて1年の間に10倍以上に増えたのだ。
AndroidタブレットPC専用のアプリケーション数は、100本もないことが分かった。

業界関係者は"普通の消費者は、デュアルコアなどのハードウェアの仕様より、タブレットPCで何ができるかどうかに敏感である"とし、
"これは、利用可能なアプリケーションに応じて、製品の購入を決定することになるということを意味する"と話した。

その場合は、アップル(Apple)の独走体制は、いつ頃崩れるか?
市場調査会社のGartnerは、2015年を基点に、アップル(Apple)iPad(アイパッド)の市場占有率が半分以下(47%)に下落するだろうと予測した。



AndroidタブレットPC市場、iPad2(アイパッド2)に負けた?5 
Android 3.0タブレットPC BlackBerry PlayBook画像(ブラックベリー プレイブック画像)



Gartnerは、AndroidタブレットPCとリサーチインモーション(RIM)のBlackBerry PlayBook(ブラックベリー プレイブック)の市場占有率が上がるだろうとの見通しを示した。
関連記事

ドコモタブレット

 

最新タブレットPC

 

タブレットPCとは

 

タブレットPC Android

 

タブレットPCゲーム

 

タブレットPC活用

 

タブレットPCセキュリティ

 

DellタブレットPC

 

タブレットPC中古

 

タブレットPCアプリ

 

タブレットPC人気

 

タブレットPCおすすめ

 

タブレットPCランキング

 

タブレットPC富士通

 

タブレットPC価格

 

タブレットPC比較

 

タブレットPC Windows

 

Windows8タブレットPC

 

タブレットPC 使い方

 

タブレットPC機能

 

Androidタブレット端末

 

タブレットPC(Tablet PC)iPad2(アイパッド2)GALAXY Tab 8.9/ 10.1(ギャラクシータブ)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tabletpcjapan.blog65.fc2.com/tb.php/15-6df8342f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。