--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブレットPC発売情報!半額タブレットPC Amazon Kindle Fire(アマゾンキンドルファイア)発売!

2011年11月15日 09:42

タブレットPCの発売情報!半額タブレットPC Amazon Kindle Fire(アマゾンキンドルファイア)発売!
Amazon Kindle Fire(アマゾンキンドルファイア)、Apple(アップル)iPad(アイパッド)の強力な挑戦者になる!
タブレットPC発売情報!半額タブレットPC Amazon Kindle Fire(アマゾンキンドルファイア)発売!1 
タブレットPC発売情報!半額タブレットPC Amazon Kindle Fire(アマゾンキンドルファイア)発売!

Amazon(アマゾン)が発売する199ドルの半額タブレットPC"Kindle Fire(キンドルファイア)"が15日、米国市場で発売される。

米情報技術(IT)専門メディアCnetによると、Amazon(アマゾン)が9月28日から10月28日までの一ヶ月間受けたKindle Fire(キンドルファイア)予約注文が50万台に達すると調査されたと伝えた。

また、Amazon(アマゾン)以外の電子小売店のBest Buy(ベストバイ)、割引販売店Target(ターゲット)、Walmart(ウォルマート)など、販売会社を通じた同時間帯のご予約ご注文は100万台に迫ると推定される。

半額タブレットPC Kindle Fire(キンドルファイア)は、Amazon(アマゾン)以外、全国の提携店1万6000の場所で、今月15日に同時に販売される。

Amazon(アマゾン)のタブレットPC Kindle Fire(キンドルファイア)は、デュアルコアプロセッサ、7インチのIPSタッチスクリーンパネル、Android(アンドロイド)2.3ジンジャーブレッドを搭載し、タブレットPCとしては画期的な199ドルで発売され注目を集めている。

タブレットPC発売情報!半額タブレットPC Amazon Kindle Fire(アマゾンキンドルファイア)発売!2
半額タブレットPC Amazon Kindle Fire発売!
タブレットPC市場をリードしているApple iPadの強力な挑戦者になる可能性が大きい

一方、Kindle Fire(キンドルファイア)の199ドルという価格は500ドル台に達する他のタブレットPCの半分にも満たない価格だ。市場では半額タブレットPCというニックネームもできた。

米国の調査会社アイサプライ(iSuppli)は、Kindle Fire(キンドルファイア)の製造原価は209.63ドルでの販売価格よりも高いと推定している。

Amazon(アマゾン)の半額タブレットPC Kindle Fire(キンドルファイア)は、タブレットPC市場をリードしているApple(アップル)iPad(アイパッド)の強力な挑戦者になる可能性が大きいという分析が出ている。

Kindle Fire(キンドルファイア)の競争力は、Apple iPad2の半分に過ぎない199ドルという価格の安さだ。

第4四半期最大のピークシーズンのクリスマスシーズンにも突風を起こすという見方が優勢だ。
関連記事

ドコモタブレット

 

最新タブレットPC

 

タブレットPCとは

 

タブレットPC Android

 

タブレットPCゲーム

 

タブレットPC活用

 

タブレットPCセキュリティ

 

DellタブレットPC

 

タブレットPC中古

 

タブレットPCアプリ

 

タブレットPC人気

 

タブレットPCおすすめ

 

タブレットPCランキング

 

タブレットPC富士通

 

タブレットPC価格

 

タブレットPC比較

 

タブレットPC Windows

 

Windows8タブレットPC

 

タブレットPC 使い方

 

タブレットPC機能

 

Androidタブレット端末

 

タブレットPC(Tablet PC)iPad2(アイパッド2)GALAXY Tab 8.9/ 10.1(ギャラクシータブ)最新情報

 



コメント

  1. yutakarlson | URL | .BcbyNME

    キンドルの製造コストは実際の販売価格を上回って売れば売るほど赤字だけど...―【私の論評】水道の蛇口戦略は、ボージョレヌーボーやキッズプレトーととは違う!!

    キンドルの製造コストは実際の販売価格を上回って売れば売るほど赤字だけど...―【私の論評】水道の蛇口戦略は、ボージョレヌーボーやキッズプレトーととは違う!!

    こんにちは。米アマゾンは、キンドルを製造原価を下回る販売価格で販売していて、現状では無料で数百円の品物を顧客に配布するのと同じようなことをしています。一方日本でも、ボージョレヌーボーをペットボトルで500円、ハーフなら390円で販売したり、ガストでは、キッズプレートを39円で販売したりしています。しかし、米アマゾンのやり方は、日本の安売りとは根本的に異なります。これらの違いは、背後にいわゆるビジネスプラットフォームがあるかないかということです。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabletpcjapan.blog65.fc2.com/tb.php/110-f374258c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。